山川壽子


「春の詩」
レリーフ 約50cm×60cm
レリーフの特徴である動きといろいろなモチーフを組み合せ
春のやさしさと自然界の息吹を妖精達と花々で表現しました。
「躍動する春」そんなイメージでしょうか。

 


「いちごの詩」
レリーフ 約35cm×25cm
Cicely Mary の絵はがきを参考にいちごのかわいらしさを
工夫しました。女の子をレリーフの前に置き、さらに奥行
きを出しました。スカートの水玉もよう、赤、緑、そして
白い花、元気が出てきます。

 


「シャル ウィ ダンス」
社交ダンス、フラダンス、日舞などお稽古ごとをされる
生徒さん方も多くなりました。自分の趣味をテーマに作品
にしました。二人でしっかりと立ち動き出すポーズに苦労
し、時間がかかりました。足を踏み出す時のドレスの動き
やどおれーぷがうまくできたでしょうか?

 


「壽 おめでとう」
東京に嫁ぐ生徒さんのお嬢さんのお色直しの1 シーンです。
紫のドレスが暗くならないよう注意しました。地色が暗い
分、もようやブーケ、女性の机が引き立ちました。
ドレスの重なりも工夫しました。

 



「お雛様」大 小
着物の色合い、十二単衣の重なりを出していく所は
難しくもあり、面白く、出来上がった時の豪華さにも
左右されます。大きい人形は伸ばしたり、数多く色を
出すのが大変ですが、自分なりのおひな様で大切にして
います。小さい方は狭いスペースでも楽しめます。
おひな様の出番です。